玄米酵素とは

玄米酵素の口コミランキング

玄米酵素とは、麹菌による発酵で玄米の持つ栄養素を効率よく補える酵素食品のひとつです。

玄米酵素TOP > 玄米酵素

玄米酵素とは?

玄米酵素とは、玄米の胚芽・表皮を麹菌によって発酵させて作った酵素のことです。

1954年に株式会社万成食品(当時は萬成理薬株式会社)が開発・販売したのが始まりで、当初は『酵素神原菌』と呼ばれていました。

私たちの主食である白米は玄米の表皮胚芽を削り取ったものですが、この表皮と胚芽には、米全体の95%の栄養素がぎっしりつまっています。

つまり、私たちが普段食している白米には、米本来の栄養素がほとんど残っていないのです。

玄米酵素は、栄養がぎっしり凝縮した表皮と胚芽を麹菌で発酵させることで、栄養価豊富な酵素に仕上がっています。

玄米酵素のメリット

玄米は表皮・胚芽・胚乳の3つの器官から成り立っています。

私たちが普段食べている白米は胚乳部分で、胚芽や表皮はこれまで廃棄されてきました。

現在は玄米の表皮・胚芽の栄養価が認められ、健康食として高く評価されていますが、白米に比べて味にクセがあること。また、消化・吸収が良くないことから、容易に玄米食に切り替えられないのが現状となっています。

その点、玄米酵素は玄米を発酵させ、栄養価だけを抽出しているので、手軽に玄米の酵素・栄養素を補うことが可能。

さらに、酵素の力で消化・吸収も促進されるので、まさに一石二鳥のはたらきを持っています。

麹菌のはたらき

玄米酵素では、原料の発酵・熟成に麹菌を採用しています。

麹菌は昔から日本酒、味噌、醤油、みりん、漬け物など、日本の伝統食に用いられてきた有用菌のひとつ。

玄米と一緒に漬け込むと、玄米の表皮・胚芽に含まれるでんぷんやたんぱく質、脂質を分解するための酵素を排出し、結果的にたくさんの消化酵素を生み出してくれるのです。

麹菌は3大栄養素であるたんぱく質・脂質・糖質を分解する『プロテアーゼ』『リパーゼ』『アミラーゼ』の3大消化酵素を作り出すほか、20種類以上の酵素を生成することで知られており、酵素の原料としてなくてはならない有用菌となっています。

ベジーデル酵素液

濃縮酵素で短期集中ダイエット! 感動の48時間デルリセット体験。
www.beautyplanning.jp

毎日酵素

自然発酵されたココナツ酵素と厳選された15種類の天然素材
www.mainichikoso.com

酵素八十八選

比べてみてください。野草の数が圧倒的に違うんです。
shop.slow-village.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 玄米酵素の口コミランキング All Rights Reserved.